トップ協会について協会メーカー紹介ペンについて新着ニュースフェアのご案内

メーカーページ
| ACME | AQUILA | AURORA | CARANd'ACHE | CROSS | Delta | DIPLOMATS.T.Dupont | FABER-CASTELL | GRAFVON FABER-CASTELL |

| Fisher | LAMY| MONTEVERDE | PARKER | Pelikan | PORSCHE DESIGN | SHEAFER | STAEDTLER PREMIUM | Visconti | WATERMAN |

| YARD-O-LED |



(ペリカン)


1832年にドイツのハノーバーで生まれ、現在もハノーバーに本社を持つペリカン社は、宮廷画家を父に持つカール・ホーネマンによる絵の具のメーカーとして始まりました。1863年に化学者ギュンター・ワーグナーが経営に参加して販路を拡大し、1878年には製品の品質保証のため、ワーグナー家の家紋でもあったペリカン鳥をモチーフとした、商標を登録するなどヨーロッパでのインクメーカーとしての地位を固めていきました。
筆記具の製造に着手したのは、1929年。その時に作られたモデル100型は、緑縞のボディに14金のペン先、ピストンノブの吸入機構が採用され、現在のスーベレーンの礎となるモデルでもありました。その後1950年には100型の後継としてモデル400型を発表。1988年、このモデル400型を原形にしてスーベレーンM400が誕生しました。以来、その品質の高さ、使いやすさなど多くのユーザーから絶大な支持を得ています。
日本でも数多くの文豪や文化人がペリカンの品質の高さを認め、愛用しています。
現在の代表的モデル、スーベレーンとトレドとはスーベレーンとは「すぐれもの」「卓越した」などの意味を持つドイツ語で、ペリカン筆記具を代表するシリーズです。ペン本体にピストン吸入機構を備え、5種のサイズとそれに付随するペン先も6〜10種類と豊富に揃え、あらゆる好みや用途に応じることができます。ボディーカラーの緑縞はペリカン万年筆を象徴するカラーとなっていますが、黒軸・ブルー縞・ボルドー・ホワイト(400のみ)といった多彩なカラーバリエーションも揃えています。又、トレドは彫金細工のメッカとして栄えたスペインの古都「トレド」の名を冠したモデル。
胴軸部に925シルバーを使用し、マイスターが一本一本手彫りした装飾彫金の上に、24金の上張りを施しています。
(1931年に発売されたToledoとは製造方法が異なります)
百を超える工程と、一カ月以上の歳月を費やして製作された製品の胴軸には、高度な品質を保証する為にマイスターのサインと製造番号が刻印されています。
 
 トップへ戻る      Pelikan メーカーページへ