トップ協会について協会メーカー紹介ペンについて新着ニュースフェアのご案内

メーカーページ
| ACME | AQUILA | AURORA | CARANd'ACHE | CROSS | Delta | DIPLOMATS.T.Dupont | FABER-CASTELL | GRAFVON FABER-CASTELL |

| Fisher | LAMY| MONTEVERDE | PARKER | Pelikan | PORSCHE DESIGN | SHEAFER | STAEDTLER PREMIUM | Visconti | WATERMAN |

| YARD-O-LED |



(エス・テー・デュポン)


ジャン・コクトー曰く、
≪ 書く行為、すなわちそれは愛の行為である ≫。
ひとたび手にすると、もう決してエス・テー・デュポンのペンを手放すことはできません。1973年以来、人はこのペンを愛用し、魂を授けているのです。デュポンのペンの開発には、オートクチュールの技が息づいています。
HISTORY
1872年、フランス・サヴォア地方にて当時わずか25歳だった青年、シモン(S)・ティソ(T)・デュポン(Dupont)により創業されて以来、高級旅行ケースの製造を手がけてきたエス・テー・デュポン。
上流階級を魅了してきたエス・テー・デュポンは、長年にわたり、独特な美しさと完成度の高い製品を作り続けています。「完成されたオブジェ」と讃えられるデュポンのライターは、1941年に生まれて以来、カルト的な人気を博しています。1973年には初めてのラグジュアリーなボールペンを世に出しました。クラシックで時を超越したデザインと機能・・・モダンでハイテクな素材を生かした最新鋭のペンまで、多様なコレクションを発表し、常に革新的な技術とアイディアを追求しています。1989年にはブランドの誇る金銀細工技術を存分に生かした高級アクセサリーを発表し、コレクションが完結。世界中のエグゼクティブに愛されるブランドとなりました。
KNOW-HOW
何度も塗り重ねられる純正漆、伝統の技術を生かしたギヨシ(貴金属に施される彫刻)・・・それらは、世代を超えて受け継がれたブランドの証。
世界的に定評あるライター同様、選び抜かれた素材を使用したデュポンのペンは、職人たちの手で150もの行程と200項目以上の品質検査を経て作られます。この品質に対する厳格さは、ロジウムコーティングの施された18金ソリッド・ゴールドのペン先からキャップに至るまでの、全製造工程に及んでいます。
金属ベースのボディは、安心感のある重さを保ち、優れた書き味を保証します。ペン先は、デュポンの職人がひとつひとつ手作業でカットし、ポリッシュ仕上げを施し、検査を行うことで、完璧なペンの真髄を守り続けています。
ONLY DUPONT
書く喜び、素材のもたらす官能性と贅沢感。エス・テー・デュポンのペンは、確かに、書くことをアートにします。
デュポンのペンのクリップは、70000回もの動きに耐え、シャツやジャケットの布を傷めない独自の構造。また、キャップを占める際の滑らかでいながらカチッとはまる安心感と心地よさはエス・テー・デュポンのみができる精緻なメタルワークの証です。
 
 トップへ戻る      S.T.Dupont メーカーページへ